Neutrinoで働くブロックチェーンエンジニアのブログ

渋谷の専門特化コワークNeutrinoに入居してブロックチェーン領域のエンジニアとして働いています。(Neutrino運営企業とは直接関係ありません)

講談社サイエンティフィク様から「Solidityプログラミング ブロックチェーン・スマートコントラクト開発入門 」が発売されます

Solidity Programming Essentials」という書籍を翻訳し、「Solidityプログラミング ブロックチェーン・スマートコントラクト開発入門 」というタイトルで、講談社サイエンティフィク様から9月7日に発売されます。私が監修し、松本さんと小池さんというエンジニアに手伝っていただいて3人で翻訳しました。

Solidityプログラミング ブロックチェーン・スマートコントラクト開発入門 (KS情報科学専門書)

Solidityプログラミング ブロックチェーン・スマートコントラクト開発入門 (KS情報科学専門書)

原著はマイクロソフトのエンジニアの方が書いた本です。各章は以下のようになっています。

第1章 ブロックチェーン,イーサリアム,スマートコントラクト入門
第2章 イーサリアム,solidityのインストール
第3章 Solidity入門
第4章 グローバル変数と関数
第5章 式と制御構造
第6章 スマートコントラクトの作成
第7章 関数,修飾子,fallback
第8章 例外,イベント,ロギング
第9章 Truffleの基礎と単体テスト
第10章 コントラクトのデバッグ

Ethereumの入門書はかなり多くありますが、Solidityそのものに注力した書籍はあまり他になく、特に3章以降で言語を詳説しています。Solidityの基礎を固めるためには必要な内容が詰まっている書籍になります。原著発売が2018年4月頃であり、どうしてもタイムラグで古い点は出てしまうものの、翻訳にあたってはなるべく技術検証をして、古い内容については訳注で補足を行なっています。

ちなみに講談社サイエンティフィク様からは「ブロックチェーン・プログラミング」という有名な本が出ており、ブロックチェーン本としてはこちらに続く2冊目になります。

ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門 (KS情報科学専門書)

ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門 (KS情報科学専門書)

技術用語がそもそも多いことなどもあって、今回エンジニアバックグラウンドのある3人で翻訳しました。書籍としての形にする点は編集者の方に手助けしてもらいつつ、内容に関してはエンジニアとしてのスキルを活かして精査しました。内容が内容なだけに予想より大変な点はありましたが、Solidityについて詳細に日本語で紹介している、他にない特色を持った本になったと思います。

EthereumやSolidity,Dappsに興味のある方はぜひ手に取っていただけると幸いです。